予備校選びはやっぱり重要でした

相談しなかったことを後悔

少しレベルの高いところで、授業中に分からないことが結構あり、その場で先生に質問できる環境ではなかったこともあり、授業だけで消化不良をおこすようになってきたのです。
もちろん授業が終わってから、先生にわからなかったところを質問しに行ったりして対応はしていました。
補習も受けたり、まだあきらめきれなかった指定校推薦対策で、定期テストにも力を入れていました。
それをしながら受験勉強もしていたので、バランスが悪かった部分もあり、とても効率が良くありませんでした。
大学に入学してからも、理数系メインになってくるのはわかっていましたが、私はやっぱりその時もまで理数系が苦手で、結局入ってからも基礎がわかっていなければ落ちこぼれてしまうという怖さも出てきました。
そこで、思い切って予備校を個別指導を行う所にチェンジすることにしました。
また、医学部専門の個別指導を行うところがあるという事を口コミで知りました。
もっと早くからそういった情報もきちんと集めておけばよかったのですが、従兄が医大に受かっていて、親族が集まった年末にその相談をした時に教え得てもらいました。
もっと早くから相談していればよかったなと後悔です。

予備校選びの失敗相談しなかったことを後悔やはり予備校選びは重要