予備校選びはやっぱり重要でした

予備校選びの失敗

医学部予備校【全国予備学校協議会・全予協】

予備校選びの失敗相談しなかったことを後悔やはり予備校選びは重要

私は高校に入学したころから医学部に行きたいという希望がありました。
両親の影響もあってですが、とにかく医学部に入学して、医者になりたいという夢があったのです。
しかし、理数系が実は苦手でこれがネックとなっていました。
当初は、比較的進学校だったこともあり、指定校推薦を狙っていたので、学校の定期テストに力を入れて指定校推薦の枠で受験をするつもりでした。
しかし成績がどんどん下がってきてしまっていて、私立だったのでしっかりとした補習などもあってそれまでは予備校には通わずにいたのですが、指定校が無理かもしれないという感じになってきました。
そこで予備校に入る事にしたのですが、周りの友達が通っている所になんとなく最初は入りました。
特に見学もしたりせずに、近いという理由だけでえらんでしまったのです。
これが間違いでした。

メディカル○ボ、正直通う気なかったけど医学部専門予備校ってどんなシステムなんだろうと資料請求したのが間違い🤢
定期的にかかってくる電話と、表に大きく【医学部合格への道】とか書かれた封筒見るたびにリアルではひっそり再受験したい身として辛いものがあります🤢

— くも☁国立医学部再受験 (@igakubusaijyuke) 2018年4月15日